アメリカ規格の最強LED懐中電灯「マグライト」ML300L明るさ比較

日常生活に必ずしも必要ではないが、なぜかたくさん買い込んでしまう。そんな経験、男性の方なら分かるだろう。筆者もその一人でこれまで数々の懐中電灯を購入してきては、ほぼ使わず倉庫に今も眠っている。

懐中電灯は意外と嗜好性の高いものだと最近気づいたのだが、私が重視していたのはとにかく「明るい」懐中電灯ばかりを集めてきた。通販サイトAmazonで懐中電灯と検索すると「爆光!」「最強の明るさ」と謳って様々な品が売っている。それを信じて買ってはみたが、たしかに明るいが飛び出た明るさではない、というのが常だった。

しかし今日、筆者の懐中電灯集め終了を宣言する!
というのも求めていた明るさに十分満足できる懐中電灯を手に入れたからである。実はその懐中電灯は界隈では超有名な懐中電灯らしく、なぜ筆者が今日の今まで知らなかったのか恥ずかしいばかりである。懐中電灯の専門的な知識は無いの悪しからず。

Sponsered Link

アメリカ規格の「マグライト」

マグライト、という言葉を聞いたことある人は多いと思う。アメリカに本社を置く懐中電灯の老舗である。歴史は古く約50年も懐中電灯を作り続けている。よく海外映画で見るポリスが使っている懐中電灯はほぼマグライトである。

さてそんなマグライトだが、公式サイトを見てみると分かるがたくさんの種類が出ている。コンパクトシリーズ、充電池シリーズ、長時間シリーズ、筆者は先にも述べたとおり第一に「明るさ」を重視している。中でも最も明るいシリーズが「MAGLITE LED」という長時間露光距離も兼ね備えたシリーズである。

またその中にもいくつかのライトがあるのだが、マグライトの中でも最も明るく、最長距離の
「ML300L 3.CELL.D」を紹介しようと思う。
実際に筆者が買って、中華製のLEDと比較してみようと思う。

今回筆者が購入した懐中電灯は以下リンクの「ML300L 3.CELL.D」である。

ちなみに単一電池を3本使うことになる。充電池を購入すれば使い回しが可能なのでおすすめだ。筆者も以下を使っている。

created by Rinker
¥1,111(2019/12/06 20:08:47時点 楽天市場調べ-詳細)
EBL 充電器単一 単二 単三 単四 9Vに対応 ニッケル水素・ニカド充電池急速専用充電器 2 USB (1.0Ax2) 同時充電可能 単1形~4形・6P形対応

ML300L 3.CELL.Dを購入してみて

ML300L 3.CELL.D(以後300Lに統一)を購入して最初に思ったことは「かなりでかい!」ということだ。それもそのはずで、単一乾電池を3個使用するので太いし長い。
ただこの重さ、そしてさわり心地から伝わる質感はかなり高いように思える。安い中華製の懐中電灯とはまるで違う質感であり、手に持った時の満足感というか、所有欲を満たされるとはこのことだと実感した。

ML300L 3.CELL.D

筆者は今までコンパクトな懐中電灯しか購入しなかったので、300Lのように大きいサイズは少し戸惑った。というのも、懐中電灯にしては結構大きめでポータビリティはほとんどないからだ。夜の散歩ならまだしも、登山使用ともなると「でかい」「重い」「邪魔」の3拍子なため用途を選ぶモノになる。
しかし、その分「明るい」「長時間」「頑丈」というメリットもあるわけだ。ただ単に明るいから買っても、使用用途によっては使いづらい可能性もあるので注意が必要だ。

では ML300Lのスペックは以下の通りだ。ちなみに、カンデラとルーメンについてはここで触れると長くなるので各自で調べてほしい。その他にもルクスという単位もあるので結構ややこしい。

商品名マグライトLED ML300L 3.CELL.D

重量(電池含む)単一乾電池3本

約620g
長さ298.45mm
カンデラ41200cd
ルーメン625ルーメン
照射パターン数5パターン(フルパワー、ローパワー、エコ、ストロボ、モーメンタリー)
フルパワー時の照射可能時間16時間
ローパワー時の照射可能時間77時間
エコモード時の照射可能時間117時間

ML300L 3.CELL.D

ML300L 3.CELL.D

ML300L 3.CELL.D

ML300L 3.CELL.D

 

筆者の場合は長距離ドライブや夜にも写真撮影等をするので、いつでも使えるように愛車のハイエースにマグライトを常備させている。マグライトをアシストグリップの場所に装着させるアタッチメントもあるので、後日それも紹介しようと思う。
次のページでは実際に明るさを比較検証してみるよ!
スポンサーリンク