静岡の伊豆にある風車と海が魅せる絶景「東伊豆町風力発電所」に行ってみた

東伊豆町風力発電所

今回ご紹介する場所は静岡県の東伊豆にある「東伊豆町風力発電所」である。当サイトは絶景等の観光地を紹介するはずだが、なぜ風力発電所?と思われる方もいると思う。それは単純にここからの眺めが絶景だから、ただそれだけのことである。
ここは風力発電所というだけに、風車以外の何もない上にアクセスがややこしく尋常ではない急勾配を登らなくてはいけない。それなのに筆者が行くときは観光客やカメラマンも結構な人数訪れているのだ。

この場所は大々的に観光地として押し出していないが、SNS等で拡散され徐々に有名になってきている。筆者も3回訪れていてるが静かな場所で太陽のもと、とても気持ちがいいのでベンチで昼寝してしまうくらいだ。夕暮れ時に見える東伊豆の風景、観覧車が最高のノスタルジックさを出している。ちなみにバイク界隈では有名な場所で関東にいるツーリング大好きライダーはだいたい知っているだろう。

そんな東伊豆町風力発電所を写真とともに詳しく解説していく。

と、その前に!今回のハイライトを一足早く見せちゃうよ〜♪

東伊豆風力発電所

東伊豆風力発電所

東伊豆風力発電所

Sponsered Link

東伊豆町風力発電所とは?

東伊豆町風力発電所は静岡県の東伊豆町の小高い山にある風力発電所である。東伊豆町の再生エネルギー供給密度は全国トップクラスということもあり、この風力発電もその一環である。平成15年より運用を開始、夏になると見学会等を行うなどしている。
風車は風速3m以下だと発電はせず、また25m以上だと危険回避のためストップされる仕組みである。。合計3基の風車が発電するワット数は1,600kwに及び、6300世帯の電気を賄うことが出来るという。

東伊豆風力発電所

周りには柵がないので間近で見ることができ、風車の真下にも行く事が出来る。また風力発電という事から周りには風をさえぎるモノがなにもない。つまり見晴らしが良いわけである。それもあってか、ネット等では観光地という紹介もされており実際に一般人も多数訪れて写真を撮影したりしている。

アクセスについて

冒頭に若干ふれたとおり、東伊豆風力発電所にアクセスするためには細い道を通り、かなりの急勾配を登って行かなければならない。ルート的にはナビさえあれば迷うことはないだろう。

近くにはアニマルキングダムという動物園があるので、もしナビで東伊豆風力発電所の場所が分からなかったらこの動物園を目指して行こう。

名称東伊豆風力発電所
住所〒413-0304 静岡県賀茂郡東伊豆町白田
電話番号(静岡県 東伊豆町役場 企画調整課)0557-95-6202(直通)
駐車場無料あり
料金無料
定休日年中無休

急勾配な道

そもそも国道135号線から外れて、東伊豆風力発電所へのルートに行く道の全てが急勾配である。すぐ手前までの道は狭いことはなく片側一社線の対面通行だ。しかし、風力発電所手前から尋常ではないレベルでの急勾配が現れる。筆者は軽とバイクの両方で行ったが、軽だと非力すぎる。バイクだと降りる時に落下している感覚でとても怖かった。

東伊豆風力発電所

写真だとこの急勾配をお伝えすることが出来ない。実際に行くとびっくりすると思う。こんな急勾配なのか!と。

駐車場について

東伊豆風力発電所には無料の24時間365日開放の駐車場がある。駐車スペース自体は決して大きくはないが満車になることもほぼないので大丈夫だろう。また、普通に路上駐車している車もいるので満車になっても駐車に困ることはないと思っていい。

東伊豆風力発電所

ここがメインの駐車場である。見ての通り白枠は少ないが、最悪開いてるスペースに駐車することも出来るだろう。

東伊豆風力発電所

東伊豆風力発電所

上の空撮写真で見ると、手前と中央と奥にそれぞれ駐車出来るスペースがあることが分かる。また、風力発電所より先は行き止まりになっている。

トイレ等の周辺施設

東伊豆風力発電所には男女別のトイレが設置されている。ここは山の尾根になるので下界に戻るにも少々時間がかかるのでトイレが有るのはありがたい。
ちなみにトイレの上には上がれるようになっており、ここが展望台の役目も果たしている。

東伊豆風力発電所

しかしながら、自販機自販機等の飲食出来る施設はここには併設されていないので、一旦下に下山しなくてはいけなくなる。
最低限、飲み物は持ってきておいたほうが良いだろう。

おすすめ

ここにはベンチとテーブルがある。見晴らしのいい中でピクニックとかするととても気持ちいいだろう(筆者体験済み)

東伊豆風力発電所

次のページではここからの眺めや展望台について詳しく解説する。

スポンサーリンク