石川県の「千里浜なぎさドライブウェイ」で最高のインスタ映えを狙ってみた!

スポンサーリンク

千里浜なぎさドライブウェイ

この記事は2ページで構成されています

  1. アクセスや駐車場について
  2. 美しい写真の撮影の仕方について

バイクに乗っているライダーなら一度は行ってみたい場所は北海道と答えるだろう。もちろん北海道はライダーにとって聖地だ。異論はない。
夏の北海道、真っ直ぐ地平線の彼方にまで続く道、ライダーの夢が北海道には詰まっている。

しかし!ライダーにとっての聖地は北海道だけではなく、石川県の「千里浜なぎさドライブウェイ」も例外ではない!
延々続く海岸線を愛車で走ることが出来る場所。夕日を見つめながら時速30km/hで砂浜を走る。嗚呼、なんて至福の時間なのだろうか。
とてもロマンチックで贅沢な景色、日常の雑踏なんて頭の片隅にもない、ただただ無心で、五体で花鳥風月を感じるだけだ。

今回はそんなライダーにとっては一度は走ってみたい道である千里浜なぎさドライブウェイについて詳しく解説していく。

ちなみに、同じ能登半島に白米千枚田という絶景スポットもあるので、この機会にそちらにも寄ってみては?詳細は以下の記事で。

【2022】石川県にある美しい棚田「白米千枚田」のライトアップの詳細

千里浜なぎさドライブウェイとは?

千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイとは石川県の能登半島、羽咋市にある全長約8km海岸線の道だ。海岸線といってもアスファルト舗装された道ではなく、日本で唯一車両で走れる砂浜の道である。また夏場には海水浴や潮干狩りも出来る。
砂浜の上を車両が走れるのか?と思うかもしれないが、ここの砂浜は特別で砂がきめ細かく、砂の一粒一粒が水分を含んで引き締まることによって重量のある車両でも走れるというわけだ。もちろん2WDの車でもバイクでも大型観光バスでも走れる。ライダー初心者でも安心して走行可能だ。

千里浜なぎさドライブウェイ

名称 千里浜なぎさドライブウェイ
住所 〒925-0054 石川県羽咋市千里浜町タ4−1
(千里浜レストハウスの住所)
駐車場 無料有り
開放時間 365日、24時間開放
※天候、海の状況により閉鎖
現在の状況を確認する
施設料金 無料
トイレ設備 有り
飲食販売 有り
電話番号 0767-22-1225
石川県中能登土木事務所羽咋土木事務所
シーズン オールシーズン

ここ千里浜は砂浜を走れる道としては日本唯一の場所なので、来ている車を見てみると全国様々なナンバーを確認できる。
また、SSTRというバイクの大規模イベントも開催したり、その期間は1000台以上のバイクが集まるので圧巻だ。筆者は2021年に参加出来なかったが2022年は参加する予定だ。詳しくは下の公式ページにて。

そしてここは砂浜を走れるという特徴の他に、海と愛車と砂浜の3点セットの写真が撮れるということだ。普通、海と一緒に撮影したくてもこんなに近くに車両を停めることも出来ないし、出来たとしてもこんな絶景にはならないだろう。水平線に太陽が沈むのは日本海に面する地域のいいところだ。

千里浜なぎさドライブウェイ

アクセスや駐車場について

ここ「千里浜なぎさドライブウェイ」石川県羽咋(はくい)市にある。近くにはかつて有料道路だった「のと里山海道」も通っていることからアクセスもいい。

また、千里浜なぎさドライブウェイは全長約8kmもあることから複数の入り口がある。砂浜にはもちろん車線境界線は無いが、左側通行という意識を持って走行しよう。堂々と真ん中を走っていたら対向車からクラクションを鳴らされかねない。

千里浜なぎさドライブウェイ

アクセス

千里浜なぎさドライブウェイ自体の正確な住所というのは無いので、千里浜レストハウスの住所を記載しておく。
千里浜レストハウスとは、ドライブウェイの北側の端っこにある施設だ。レストランやお土産、トイレもあるのでまずはココにアクセスして状態を整えてから浜に降りると良いだろう。

千里浜なぎさドライブウェイ

住所:〒925-0054 石川県羽咋市千里浜町タ4−1

※住所は入り口にある能登千里浜レストハウスに設定

 

北側の終点

なぎさドライブウェイは長いので浜に入るための入り口が複数ある。基本的には、最北か最南の入り口に行けばいいだろう。
ちなみに北側にはレストハウスがあり、南側にはトイレしか無いので北側に行くのがオススメだ。

千里浜なぎさドライブウェイ

南側の終点

北側とは反対に南側にはトイレ設備しかない。走るだけならレストハウスに寄ることもないので、わざわざ北側から進入する意味は無いだろう。

千里浜なぎさドライブウェイ

駐車場について

千里浜の駐車場事情だが、特に決まりはなく車線上でなければ基本的にどこに停めても大丈夫だ。
波打ち際に停めても咎められることは無いが、ギリギリまで行くと砂がゆるいのでスタックして抜け出せなくなるので停めるは自己責任。走り去っていく皆の注目の的にならないように。

ポイント
ここに来る人の多くが、端っこの入り口付近に駐車して混雑する。テンション上がってすぐに車を停めるからだ。全長8kmもあるので暫く走って空いてきたら停めることをオススメする!写真撮影するにしても入り口1km以内はおすすめしない。

トイレについて

トイレについては、まず端っこの入り口付近にある。途中にも2,3箇所あったと記憶している。

のと里山海道PA

千里浜なぎさドライブウェイの道沿い、かつて有料道路で今は「のと里山海道」の志雄PAがある。PAに車で行くことは出来ないが、近くに駐車して徒歩でPAまで行くことが出来る。もちろんトイレもあるし、飲食販売施設もある。

千里浜なぎさドライブウェイ

無人の公衆トイレ

他にもこのような公衆トイレがあったと記憶している。全てを記録していなかったので申し分ない。

千里浜なぎさドライブウェイ

行く前に絶対に確認すべきこと!

この記事を読んだ人には絶対に確認していただきたいことがある。筆者のように地獄と絶望を見ることになる前に…
千里浜なぎさドライブウェイは基本的には24時間開放されている。しかし、それは天候、海が平穏な時のみに限る。荒れていたら砂浜に入ることが出来ない。
 
当日の状況によって左右されるので前日には穏やかでも、翌日荒れれば急に通行止めになるので当日の朝にならない限りわからないのである。
石川みち情報ネット
地図の上、【観光道路情報】なぎさドライブウェイに「規制あり」の場合は注意
上のサイトに行って、千里浜なぎさドライブウェイに規制があるかを当日の出発前に確認してから行くように。
筆者はそんなことを知らなくて、高速道路8000円、8時間かけて行ったら通行止めで崩れ落ちた経験があるので…
 
千里浜なぎさドライブウェイ
 
このために時間と大金をかけて来たのに走れなかった時の悲しみはマリアナ海溝より深い。
注意
この場合、車両は通行止めだが徒歩では入ることが出来る。

この記事は2ページで構成されています

  1. アクセスや駐車場について
  2. 美しい写真の撮影の仕方について

次の項では美しく撮影するコツ等を詳しく解説していく

 

1 2
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。