東京の「神田明神」で桜ライトアップと夜間参拝でインスタ映えを狙う!

神田明神

2022年のイベントは終了しました

何ということでしょう、今更ながら「インスタ映え」のスポットにハマってしまった。

さて、今回ご紹介するのはまさに今が旬!3/26〜4/10まで桜の名所「神田明神」が春季限定の夜桜×夜間参拝イベント「NAKED 桜モウデ」ライトアップを行う。
NAKED」という空間演出のプロフェッショナル達のコラボ企画なのでインスタ映え必至!

こういう期間イベントは新鮮さが大事なので、開催されてすぐに行ってきた。詳細は後述するとして、まず一言「めちゃ映えるから早く行け」
ただ、幾つか注意事項や予め知っておいたら有利な事があったのでそれらを説明していく。

やはりインスタで広告を打ち出していた事もあってきゃぴ女(じょ)が多い印象。こういう場所は風景より人物をメインで撮影したほうがもっと映えるだろう
ということでモデルになってくれる被写体さん年中無休で募集していますのでDMください!お願いします(深く土下座)このブログで使わさせて頂きます。

この記事はインスタ映えが欲しい人、カメラ撮影者向けの記事なので神田明神の詳細や参拝については触れない。

他の桜の記事はこちら

人気すぎて予約が取れない?銀座Ginza 456で満開の桜が見れると聞いて行ってきた!

 

春季限定の夜桜×夜間参拝イベント「NAKED 桜モウデ」

神田明神

縁結びや健康祈願、そしてパワースポットという事でも有名な、東京都千代田区にある「神田明神」。
今回は期間限定、NAKED」とコラボ企画として神田明神にある桜の木をライトアップしている。入場は無料無料貸出をしている提灯はライトアップされている桜と連動して色を変えていく。桜をライトアップしている照明の色が変化する参加型のインタラクティブアートにもなっているとの事だ。

イベント名称NAKED 桜モウデ
開催地神田明神
住所〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目16−2 
イベント開催期日2022/03/26~04/10
イベント開催時間18:00~20:30
参拝可能時間24時間参拝可能
料金無料
公式サイト

https://myoujin-sakura.com/
https://naked.co.jp/works/13054

アクセスについて

神田明神

神田明神は東京都の千代田区にある。都内なので基本は電車でのアクセスが最も簡単で安く済む。
一応境内にも駐車場はあるにはあるが、駐車可能台数が少ない事、駐車場にアクセスするのに境内を横切る事となる。イベント中は人が多いから少し危険が伴う。あと人にめっちゃ見られる。

JR

  • 中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
  • 京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分

地下鉄

  • 丸ノ内線 御茶ノ水駅(1番口)より徒歩5分
  • 千代田線 新御茶ノ水駅(B1出入口)より徒歩5分
  • 銀座線 末広町駅 より徒歩5分
  • 日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分

都バス

  • 茶51駒込駅南口←→御茶ノ水線 神田明神徒歩1分
    首都高速
    首都高速都心環状線 神田橋出入口
    首都高速1号上野線 上野出入口

アクセスの参照元:神田明神ホームページ

見所をおさえておこう!

筆者は撮影の為17:30から20:30くらいのフルコースで神田明神を楽しんだわけだが、ボリューム的には30分もあれば十分かなという内容であった。
ライトアップされている桜の木も4,5箇所くらいで、境内も何十分もかけて回る場所はないのでサクッと見れてサクッと映える写真が撮影出来る。

今回はこのブログを書くための情報収集という名目で行ったので、提灯もちゃんと借りて撮影してきた(カップルだらけで独り身にはキツイぜ..)

この項では見所をサクッと紹介しておく。見所と会場はそんなに広いわけではないので知らなくても自然に目に入ると思うが…

神田明神

提灯

今回の目玉アイテム、それが無料で貸し出し出来るこの提灯だ。提灯の貸し出しについては注意事項があるが、それは後述している。
桜の照明と連動して、様々色に変化していくというこの提灯。中身はロウソクではなく安全なLEDが採用されている。

神社と提灯って、それ最強の組み合わせじゃん、昔お盆の時期に提灯を持ってお墓参りしたっけな〜、それはお寺だけど、とりあえず雰囲気は抜群に良い!

神田明神

この提灯のちょっとした仕掛けが、提灯の真下から桜の形をした照明が投影されるのだ。NAKEDさんの粋な計らいですな!
インスタ映えする仕掛けなので、是非とも桜をバックに撮影してもらいたい。筆者は忘れました。

神田明神

門と境内の桜のコラボ

神田明神の境内に繋がる大きな門、境内に立派に咲き誇る桜、この2つのコラボがとても力強いというか、美しいというか…
目に入ったら絶対に撮影するべきなコラボ!

神田明神

ポイント
桜のライトアップは色が常に変化していくので、自分の好みの色の時を待って撮影するのが良い。上の写真は青色だが、画的に一番映えるのは桃色に変わった時だ。
神田明神

門と外の桜のコラボ

さっき紹介したのが境内にある桜。次は門の外にある桜とのコラボだ。門もライトアップされているのだが中と外で色が若干違うのが見所。外は少しだけ紫がかっていて妖艶な雰囲気を醸し出している。

神田明神

スカイツリーとコラボ

境内には神田明神ホールが併設されている。そこに繋がる階段の途中で画角的に桜の中にスカイツリーが収まる箇所がある。
スカイツリーと桜のコラボは色んな場所があるが、ここ神田明神でも見ることが出来たのだ。

神田明神

この写真は階段の踊り場で撮影したのだが、そんなに広くはないので長いは無用。撮影したら次の人と交代しよう。

神田明神

ポイント
スカイツリーと桜だけを切り取りたいなら、広角ではなく望遠レンズを持っていくと良い。上の写真はAPS-Cで55mmのレンズで撮影している。スマホのズーム機能がないカメラでは撮影出来ない。

拝殿

ここ神田明神は24時間拝観が可能ということらしい。イベント開催中は拝殿にも長蛇の列が出来る。縁結びの神という事もあって筆者も(以下省

神田明神

もちろん拝殿もしっかりと美しくライトアップされている。「神田明神」と書かれた大きな提灯も近くで撮影すると力強い画になる。

神田明神

注意事項等

3/26日にイベントが始まったということで早速現地に行ってきた。とはいえ当初予想していたモノとは少し違うのかな、と思ったりもしたが概ね満足なイベントだった。
では神田明神でインスタ映え、カメラマンとして行く場合のちょっとした注意事項を書いていく。知っていたらほんの少しだけ有益な情報として。

提灯は「NAKED」をLINEの友達登録して借りる

今回の目玉イベントでもある提灯は無料で借りることが出来るが、そのためにはこのイベントを企画制作した「NAKED」をLINEで友達登録を事前にしておかなければいけない。受付でスマホの画面を見せることよって提灯を借りられる。

また提灯の数にも限りがある。しかし、基本的には15分ほどで返却するように言われるので割と早く回転する。

神田明神

またLINEで友達登録は必須なのだが、そのためには受付にある看板のQRコードを読み取らないといけない。基本的にはまず並ぶ前に友達登録を済ませるのだが、知らない人は登録をせずに並んでしまい、受付のときに時間がかかってしまう。

参考までにQRコードを貼っておくので事前に登録を済ませておこう。
神田明神

ライトアップ開始と同時に提灯は借りないほうが良い!

桜のライトアップは18:00に開始する。提灯の貸し出しもライトアップと同時に行われるので18:00までは借りることが出きない。
そしてこのイベントの目玉は提灯、つまり何を言いたいかというと18:00の貸し出しを待つ大行列が出来てしまうのだ。

しかし!ここで注意してほしい事がある。18:00頃はまだ空が暗くないから提灯が光っているかどうかが非常に分かりづらいのだ。

神田明神

上の写真は大行列に並んで18:00頃に借りた提灯だが、どうだろうか?実際には赤く光っているのだが、まだ明るいが故に雰囲気がない提灯になってしまう。
そして負のスパイラルが発生してしまうのだ。

  1. 18:00前に提灯貸し出しの行列が出来始める
  2. それを見て更に行列が出来る。
  3. 提灯の数は限りがあるので途中で貸し出しがストップ
  4. 行列が出来ている間は15分の返却条件が付与
  5. 借りた人は提灯の光を堪能出来ずに15分後返却、並んでいる人はずっと移動できない

神田明神

ポイント
大行列が出来るのは最初だけ!時間を有効活用したければ提灯を借りるのは19:00以降が一番いい!!!
19:00以降なら提灯の光もぼんやり見え始めてくる。18:00に借りても光っていない提灯に見えるからインスタ映えしない!

ちゃんと日が落ちきった後なら提灯っぽく見える。しかし、後述するが薄くぼんやりしか光らないので撮った写真は編集加工しないと映えないかもしれない。

神田明神

提灯には当たり外れがあるかもしれない

その日がたまたまそうだったのか、それともそういう仕様だったのかは分からないが、提灯には当たり外れがあるようだ。そしてその日は9割が外れの提灯だらけでびっくりした。
というのもホームページには桜の照明の色と連動して提灯の色も変わりますと記載してあるのだが、一向に変化しない。待てど暮らせど変化しない。そして光量が弱すぎて弱すぎて…

当たりの提灯は光量強くて、色が変化していく。しかし外れは光量が弱くて赤以外の色が無いのだ。
当たり提灯は2、3個しか無く、引くことが出来なかったので写真はない。

神田明神

上の写真は日が落ちきって完全な夜に撮影した写真だが、これは実際の肉眼で見たときと同じ明るさで撮影している。
お分かり頂けるだろうか、あまり光っていないことを。もし当たり外れがあるのだとしたらこれは”外れ提灯”を引いてしまったことになる。
やはり撮影後に色味や明るさを編集する必要がある。

注意
この提灯の当たり外れに関しては、もしかしたらこの日だけだったのかもしれない。以降改善されている可能性も高い。

一眼レフ勢へ、三脚は使えるが要らないだろう

夜景の撮影なら三脚は必須だが、神田明神での撮影に関しては三脚が無くても撮影出来るレベルではあった。
実際に三脚を使っても撮影したが、煩わしいのとあまり良い結果にならなかったので幾つか気になったことを書いていく。

  1. 人が多すぎて長時間露光をすると逆に気持ち悪い画になる
  2. 人が多すぎて三脚を展開すると嫌な目で見られる
  3. ライトアップされている箇所はかなり明るいので三脚なしでも十分撮影可能

まぁモラルのある人ならばこんな混雑した場所の中央で堂々と三脚を広げることはないと思うが、中にはお構いなしに展開する人もいるのだ。
本人は気づいているかは知らないが周りからの目線はそれはそれは痛いもので、邪魔ですとも言われていた。
そういう事もあってひっそりと隅っこで使うにはいいが、動線上には広げないようにしよう。

また、長時間露光する理由は幾つかあると思う、ISOを下げたい、人間を消したい等々。
ISOを下げるのは十分な理由だが、人間を消したいが故に長時間露光するのはオススメしない。というのもあまりに人が多すぎて人を消すことはほぼ不可能だからだ。

神田明神

上の写真は30秒の長時間露光だが、見ての通り人が薄く見える。中途半端に長時間露光撮影をすると、逆に気持ち悪い写真になってしまうのだ。
これならば人がいたほうが雰囲気のある写真だろう。

注意
ISO200、F8、SS30秒、で撮影した写真だがそれでもこの明るさになる。これ以上SSを稼ぎたいならばNDフィルターが必要になてくるだろう。

まとめ

神田明神

新鮮さが大事なので急ぎ足での解説になってしまったが、インスタ映えが好きなら行って損はしないという事。無料なので行きやすいだろうし、デートにはいい雰囲気の場所だと思う。比較的若い人が多い気がした。
インスタグラムで広告を出していたのでそこからの流入が多いものと思われる(筆者もその一人だが)

サクッとおさらい
・会場は「神田明神」
・住所は「〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目16−2 」
NAKEDという空間演出のプロフェッショナル達が企画制作
・開催期間は2022/03/26~04/10
・ライトアップは18:00~20:30
・料金は無料
・一応境内にも駐車場はあるが、停められない可能性高いからやめておいたほうが良い
・提灯を借りるのは19:00以降が良い
・提灯はインスタ映え必至なので絶対に借りよう
・提灯レンタルはNAKEDのLINE友達登録が必要
・デートに持ってこい

他の桜の記事はこちら

人気すぎて予約が取れない?銀座Ginza 456で満開の桜が見れると聞いて行ってきた!
この記事の内部リンク
  • なし

この記事の外部リンク


この記事の商品リンク

  • なし

久しぶりに鬼のスピードで記事を書きました。5000文字、とても疲れました。画像編集から執筆、リンク、HTML含め約4時間でということで最速更新です。
というかあと10日しかないイベントに5000字ってなんの意味があるのでしょう。
いや、1人のために記事を書くんだ(戒め)

 

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。